お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-5261-1515

24時間お問合せ

メールお問合せ

50代女性「歯ぐきが頻繁に腫れて噛むと痛む」歯周病で溶けてしまった歯の根っこを支える骨に再生療法と歯ぐきの移植を行い、新たな被せ物で治療した症例|市ヶ谷の歯医者|海谷歯科医院

海谷歯科医院へのご予約・お問合せは03-5261-1515まで
海谷歯科医院

50代女性「歯ぐきが頻繁に腫れて噛むと痛む」歯周病で溶けてしまった歯の根っこを支える骨に再生療法と歯ぐきの移植を行い、新たな被せ物で治療した症例

患者 50代女性
主訴 「歯ぐきがたびたび腫れる。噛むと少し痛い」とご相談をいただきました。
診断 拝見したところ、右下の一番奥の歯(第2大臼歯/7番)の外側(頬側)の歯ぐきが腫れていました。
レントゲン、CT(3Dレントゲン)、歯周検査により、歯の根っこの二股に分かれている部分「根分岐部(こんぶんきぶ)」にあるはずの骨が歯周病によって溶けて細菌が溜まる「根分岐部病変」だとわかりました。

根分岐部は複雑な形をしていて、今回の患者様のように歯ぐきの中に隠れてしまっている場合、器具を使っても細菌を取り除くことは困難です。
症状の悪化を防ぐために、根本的に歯の周囲の環境を整える必要があることをご説明しました。

行ったご提案・治療内容 薬剤を使って骨の組織を回復させる「再生療法」をご提案し、ご了承を得ました。

まずは歯ぐきを切開して根分岐部に足りない骨の量を確認してから、歯周組織の再生を促す「リグロス」と骨補填材「サイトランス」という再生療法用の薬剤を入れました。
また、歯ぐきのボリュームも増やす必要があったため、別の場所から歯ぐきを切り取り移植する「結合組織移植」を行いました。

その後、歯ぐきの状態が落ち着いてからレントゲンで骨が再生したことを確認し、新たな被せ物を作製しました。

治療期間 約1年
費用 100,000円(材料代込み)
術後の経過・現在の様子 歯ぐきの腫れや、噛んだときの痛みがなくなり、快適にお過ごしいただけるようになりました。
術後6ヶ月経つ現在も、良い状態を保っています。
治療のリスク 検診や日頃のブラッシングが不十分な場合、症状が再発する可能性があります。

治療前


歯ぐきに腫れが見られます。


被せ物が歯にぴったりフィットしていません

治療中


組織を再生させる薬剤を入れ、移植した歯ぐきを配置しました


術後3ヶ月

治療後

 

当院の患者様は治療後も予防や健康的な歯を維持するためメインテナンスに通われています。
当院の予防歯科についてご覧くださいませ。

当院の予防歯科について  
【24時間受付】
WEB予約
【電話予約】
03-5261-1515

PAGE TOP