お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-5261-1515

24時間お問合せ

メールお問合せ

50代男性「歯の間に物が詰まる」破折したセラミックをジルコニアで審美修復したケース|市ヶ谷の歯医者|海谷歯科医院

海谷歯科医院へのご予約・お問合せは03-5261-1515まで
海谷歯科医院

6月, 2022年

50代男性「歯の間に物が詰まる」破折したセラミックをジルコニアで審美修復したケース[2022年06月27日]

患者 50代男性
主訴 「歯の間に物が詰まる」とご相談いただきました。
診断 診察したところ、セラミックが欠けたことが原因で歯間に隙間ができており、食片圧入が起こっている状態でした。
行ったご提案・治療内容 噛み合わせが強いので、セラミックでは咬合力に耐えられないことをご説明しました。
患者様は審美的な修復をご希望されたため、デメリットもご説明した上でジルコニア修復を選択されました。
治療期間 約2週間
費用 100,000円(税別)
術後の経過・現在の様子 予後3ヶ月経った現在も、経過は良好に推移しています。
治療のリスク かぶせものが欠けることがあります。

治療前

治療後

歯の形態も回復しています

治療中

支台歯形成

治療後

60代女性「見える部分の銀歯を綺麗にしたい」適合不良の銀歯をセラミックで審美修復したケース[2022年06月10日]

患者 60代女性
主訴 「見える部分の銀歯を綺麗にしたい」とご相談いただきました。
診断 診察したところ、他院で治療した保険適応の銀歯が適合不良の状態でした。また、根管治療の不備も認められました。
行ったご提案・治療内容 根管治療をやり直したのち、セラミックでの修復をご提案しました。
治療期間 約1ヶ月
費用 約300,000円 (税別・セラミック2本分、根管治療代を含む)
術後の経過・現在の様子 予後6ヶ月経った現在も、経過は良好です。
治療のリスク かぶせものが欠けることがあります。

治療前

治療後

審美性も回復しています

治療前

根管治療の不備が認められます

治療中

根管治療後

治療後

最終補綴時

60代男性「歯茎の腫れが長く引かない」歯を根切しMTAで治癒させた症例[2022年06月03日]

患者 60代男性
主訴 「他院に通っていたが歯茎の腫れが引かず、抜歯の宣告を受けた」と当院にご来院された患者様です。
診断 レントゲン、視診をしたところ、根管治療の不備が原因で、歯根膜炎(細菌が歯の根元を覆っている歯根膜や歯の骨の一部にまで感染し、炎症を引き起こす病気)を起こし、腫脹を繰り返している状態でした。
行ったご提案・治療内容 歯根膜炎の状態を長期間放置していたため、根管内だけでなく根管の外側にも感染が移っており、根管治療だけでは治癒しない可能性があることをご説明しました。
まずは、きちんとした根管治療を行うことが第一選択であり、根管充填材は
MTAを使用しなければ治癒は難しいことをお伝えした結果、患者様は自費での治療をご希望されました。
治療期間 約1ヶ月
費用 根管治療費 110,000円
術後の経過・現在の様子 術後6ヶ月経った現在も予後は良好です。
治療のリスク 歯が薄いため割れることがあります。

治療前

治療後

腫れは完全に引いています

治療前

レントゲン像より感染と治療不備が見受けられます

治療中

MTAによる根管充填

MTAによる根管充填

 

縫合後

治療後

ココシカバナー

PAGE TOP