お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-5261-1515

24時間お問合せ

メールお問合せ

40代男性 根管治療後ジルコニアクラウンで原状回復した症例|市ヶ谷の歯医者|海谷歯科医院

海谷歯科医院へのご予約・お問合せは03-5261-1515まで
海谷歯科医院

4月, 2021年

40代男性 根管治療後ジルコニアクラウンで原状回復した症例[2021年04月21日]

患者 40代男性
主訴 歯茎が腫れ、噛むと違和感があり、2年間他医院に通ったが治らないとのことで来院されました。
診断 膿の出所が2箇所ありました。
x線審査と視診により第一大臼歯近心根に影があり、ポケット検査で8mmの値を示しました。
このことにより根破折を疑いました。
また、小臼歯においてはう蝕部位が深く、根管治療の不備が見られたことが原因と判断しました。
治療内容 まず小臼歯は根管治療を行い、感染源の除去後補綴処置を行いました。
第一大臼歯においては歯根分割を行い、近心根の抜根を行いました。
その後は治癒を確認後、補綴処置をさせていただきました。
患者様との相談の上、小臼歯はう蝕が深かったこと、様子を見たいということでCADによる修復を行い、大臼歯はジルコニア修復を行いました。
費用 根管治療 100,000円
ジルコニアクラウン 110,000円
治療後の経過 予後半年経っていますが良好に推移しています。
治療のリスク 咬合時に歯が破折するリスクがあります。

1

2

50代女性銀歯の下の虫歯を除去しセラミックで修復したケース[2021年04月02日]

主訴 銀歯を治したい。
綺麗にしたい。
診断 レントゲン像で金属の下に虫歯があり、患者さんは入れ替えを強く希望されました。
特に審美的な要求をされたため、セラミック修復の説明をし、治療の同意を得ました。

治療期間 3週間
費用 110,000円(税込)
治療のリスク セラミックがかける場合があります。

30代女性20210318

60代女性クラックが入った歯を白金化金合金で修復したケース[2021年04月02日]

主訴 噛むと痛い。
少し染みるような気がする。
診断 詰め物と歯の境目のところの歯牙にヒビが入っており、これが原因で症状が出ていると思われます。
幸い、ヒビは歯の神経まで達していなかったので、虫歯を取り除き、フッ素徐放性のセメントにより裏装。症状が改善されるかの診断を行いました。
治療期間 1ヶ月
費用 121,000円(税込)
治療後の経過 2週間の期間を経て症状が改善されたため、患者さんとどのように補綴(原状回復)するかの相談を行いました。
このようなケースにはゴールドの金属が予後が良いことを説明しました。

ゴールドが良い理由は以下の3点です。
1、歯牙への適合が良い
2、硬さが歯に優しい
3、プラークが付きにくい

その後、患者さんはこの治療方法を選ばれました。
私自身見た目を度外視すれば、今でも大臼歯にはゴールドが一番と考えています。

治療のリスク ゴールドの詰め物でも外れる場合があります。

30代女性20210318