お問い合わせ・ご予約

初診予約専用ダイヤル

050-7302-5646

再診予約、その他お問い合わせ

03-5261-1515

24時間お問合せ

メールお問合せ

根の治療が終わったのに噛むと痛みがあります。|市ヶ谷の歯医者、海谷歯科医院 ー般歯科 インプラント 口腔外科 歯周病 PMTC他

海谷歯科医院へのご予約・お問合せは03-5261-1515まで
海谷歯科医院

BLOG

根の治療が終わったのに噛むと痛みがあります。[2018年10月03日]

これは患者さんからしてみれば非常に納得いかないし、つらいものです。

長い治療を終えてやっとと思ったのにまた、痛い。しかしこの状態は単に根の治療の良し悪しだけで片付けられないこともあります。
噛み合わせの状態が作られた被せ物があっていない。根の処置が不十分など考えられます。

一つ一つ説明していきます。

まず冷たいもの、熱いものがあるしみている状況から神経の治療をした場合は根の中にまだ、神経が残っている場合(不十分)、また、全ての根の治療ができていない。(例えば3つあるのに2つしかやっていない)、噛み合わせがあっていないという原因がある考えられます。

また、以前根の治療をやった歯が痛くてやり直した場合、これは非常にシビアな状況になっているケースが多いです。難治性ということです。場合によっては抜歯になることもあります。治療としては丁寧に根を探し、中を清掃していくしか治す手立てはありません。

また、根の状態は良いのに、噛むと痛い場合は被せ物があっていない可能性が高いということになります。
このように一つの症状であってもいろいろな原因が考えられるわけです。

中には歯根自体が破折している場合もあります。このケースも折れている位置が悪ければ抜歯となります。
ですから少しでも違和感があればなるべく早めに歯科医院に行ってみてもらってください。

手遅れになる前に。

歯医者に神経を取る必要があると言われましたが、本当に取る必要があるのでしょうか?[2018年09月14日]

市ヶ谷の歯医者・歯科、海谷歯科医院です。

歯にとって神経は非常に重要なものです。その理由は神経をなくすと歯自体が経年的に脆くなっていき、やがては歯が折れたり、割れたりしやすくなるためです。

そして割れた所の場所が悪い場合には抜歯になってしまいます。そのためできるだけ神経を保存する治療が必要になります。ひと昔前ならば抜髄(神経をとる)していたものが今ではMTAという薬を使い残せるようになってきています。ただし保険外治療となります。

しかし全ての症例が残せるわけではなく、深い虫歯で神経が細菌に感染しているような場合はやむなく神経を取らざる得ない場合もあります。その見極めの診断こそが重要なファクターになってきます。

その歯にとって最適の治療法をおこなってくれる歯科医をさがしてください。

ブログを更新しました[2018年01月31日]

ブログを更新しました。

下記のURLより記事に飛べます。
忘年会
保険

ブログを更新しました[2017年03月30日]

ブログを更新しました。

下記のURLより記事に飛べます。

 

ブログ記事はこちら

PAGE TOP