お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-5261-1515

24時間お問合せ

メールお問合せ

白い歯(保険適応)のデメリット|市ヶ谷の歯医者|海谷歯科医院

海谷歯科医院へのご予約・お問合せは03-5261-1515まで
海谷歯科医院

当院の患者様は治療後も予防や健康的な歯を維持するためメインテナンスに通われています。
当院の予防歯科についてご覧くださいませ。

当院の予防歯科について

白い歯(保険適応)のデメリット

みなさんこんにちは。海谷歯科医院海谷です。

最近患者さんより保険でできる白い歯についてのご質問があります。
今、保険でできる白い歯はレジン冠、CADCAM冠、ピーク冠の3種類になります。
小臼歯はレジン冠とCADCAM冠が適応で第一大臼歯はCADCAM冠、第二大臼歯はCADCAM冠とピーク冠が適応になっています。
それぞれ説明していきます。

レジン冠 いわゆるプラスチック製の被せ物。色の種類がある程度限られる。
劣化する速度が速い。経年劣化で着色が起こる。
割れやすい。
CADCAM冠 硬いレジンのブロックを削り出した被せ物。
色の種類が限られる。経年劣化で着色が起こる。
レジン冠よりは強度は高いが、やはり割れやすいことは変わらない。
歯質接着性がないため取れやすい。
ピーク冠 一番最近保険の中に入ってきた材料。
強度は強い。割れにくい。
色が一色しかないため審美性が著しく劣る。
第二大臼歯のみの適応。

ざっくりですがこのような特徴があります。
審美的には銀歯よりは遥かによいのですが、如何せん強度が劣るのと経年劣化が激しいのがやはりよくないですし、長期的には全く使えない材質と言えるのではないでしょうか。

せっかく治してもすり減ったり、割れやすければ何回もやり直さなければならないので、歯にとってのダメージは計り知れないと思います。
だったらピーク冠は?と思われるかもしれませんが、色が真っ白なものなので見える場所には入れづらいのです。
国もその辺りぐらいはわかっているのかもしれません。

とにかく当院ではあまりおすすめはしていません。
保険の場合はまだ銀歯のほうが長く使えると思っています。
審美性は求められませんが。。。。

 

ご予約はこちら

記事の著者

海谷 幸利(かいや ゆきとし)

経歴
1996年 海谷歯科医院 開業
歯学博士
所属学会・スタディグループ
5-D Japan メンバー
OJ 正会員
EAED(ヨーロッパ審美学会)アフィリエイトメンバー
東京SJCD会員
国際インプラント学会 認定医(ICOI)
AAP会員
南カリフォルニア大学客員研究員
日本顕微鏡学会会員
日本歯周病学会会員
厚生労働省認定臨床研修指導医
 
【24時間受付】
WEB予約
【電話予約】
03-5261-1515

PAGE TOP