お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-5261-1515

24時間お問合せ

メールお問合せ

60代女性「抜歯した部分にインプラントを入れて欲しい」減少した骨を再生させる「GBR」と人工の土台を利用した「インプラント治療」で、失った歯を補い見た目も自然に回復した症例|市ヶ谷の歯医者|海谷歯科医院

海谷歯科医院へのご予約・お問合せは03-5261-1515まで
海谷歯科医院

当院の患者様は治療後も予防や健康的な歯を維持するためメインテナンスに通われています。
当院の予防歯科についてご覧くださいませ。

当院の予防歯科について

60代女性「抜歯した部分にインプラントを入れて欲しい」減少した骨を再生させる「GBR」と人工の土台を利用した「インプラント治療」で、失った歯を補い見た目も自然に回復した症例

患者 60代女性
主訴 「抜歯した部分にインプラントを入れて欲しい」とご相談いただきました。
診断 患者様は右下の奥歯(第2小臼歯/5番)がもともと欠損しており、両隣の歯を削って橋渡しのように歯を補う「ブリッジ」で治療していました。
しかし、ブリッジを支えている奥歯(第1大臼歯/6番)の状態が悪くなり、ブリッジを除去して抜歯を行ったため、2本分の歯を補う治療が必要でした。

患者様は、人工の土台をあごの骨に埋め、その上に歯を装着する「インプラント治療」をご希望でした。
CT撮影を行い詳しく拝見したところ、インプラント治療を行うことは可能でしたが、欠損部位のあごの骨がやや減少していることが気になりました。

行ったご提案・治療内容 抜歯後の骨の治癒を待って再度検査を行い、あごの骨の量が足りない場合は骨を増やす処置「GBR」を行ってからインプラントを埋入することをご提案しました。
インプラントを支えるためには十分な量の骨が必要であること、骨がしっかり再生したタイミングで治療方針を決める必要があることをご説明し、同意いただきました。

まず、抜歯後8ヶ月間待機してからあごの骨の状態を確認したところ、唇側の骨の厚みが足りない状態でした。
そこで、インプラントを埋める手術と同時に、ご自身から採取した「自家骨(じかこつ)」と人工の骨の材料「サイトランス」を用いてGBRを行い、骨の再生を図りました。

手術から4ヶ月後、あごの骨が再生してインプラントがしっかり定着したことを確認してから、インプラントの頭を歯ぐきの上に出す「2次手術」を行いました。

2次手術の傷が治るのを待ってから最終的な被せ物を作製し、インプラントの上に装着しました。

治療期間 約1年
費用 約850,000円
術後の経過・現在の様子 適切な位置にインプラントが入り、歯の形や噛み合わせも回復しました。
治療終了から6ヶ月が経過し、痛みなども無く良好です。
患者様にも「自分の歯のように違和感なくしっかり噛める。見た目も自然で嬉しい」と大変お喜びいただきました。

インプラントを長くお使いいただけるよう、現在も定期的なメンテナンスでご通院いただいています。

治療のリスク ・外科手術のため、術後に痛みや腫れ、違和感を伴います
・メンテナンスを怠ったり、喫煙したりすると、お口の中に大きな悪影響を及ぼし、インプラント周囲炎等にかかる可能性があります
・糖尿病、肝硬変、心臓病などの持病をお持ちの場合、インプラント治療ができない可能性があります
・高血圧、貧血・不整脈などの持病をお持ちの場合、インプラント治療後に治癒不全を招く可能性があります
・自費診療(保険適用外治療)です
・あまりに強い力がかかると、被せ物が欠けることがあります

治療前


術前のCT画像では、唇側の骨の不足が認められます。

治療中


抜歯後8ヶ月でインプラントを埋める手術を行いました。


インプラントの手術と同時に、自家骨とサイトランスによるGBRを行いました。


手術から1週間後の様子です。


型取り前のレントゲン写真です。

治療後


歯の形も回復しています。


手術後のレントゲン写真です。


インプラントが適切な位置に配置されています。

 
【24時間受付】
WEB予約
【電話予約】
03-5261-1515

PAGE TOP