お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-5261-1515

24時間お問合せ

メールお問合せ

40代男性「抜歯と言われた歯を治したい」根に溜まった膿を取り除く「根管治療」を行い、殺菌作用がある「MTAセメント」を詰めてから、白くて強度がある「ジルコニア」の被せ物を入れた症例|市ヶ谷の歯医者|海谷歯科医院

海谷歯科医院へのご予約・お問合せは03-5261-1515まで
海谷歯科医院

当院の患者様は治療後も予防や健康的な歯を維持するためメインテナンスに通われています。
当院の予防歯科についてご覧くださいませ。

当院の予防歯科について

40代男性「抜歯と言われた歯を治したい」根に溜まった膿を取り除く「根管治療」を行い、殺菌作用がある「MTAセメント」を詰めてから、白くて強度がある「ジルコニア」の被せ物を入れた症例

患者 40代男性
主訴 「長年歯茎が腫れていて、何件かの歯科医院で診察してもらい抜歯と言われたが、治したい」とご来院いただきました。
診断 拝見したところ、左下の奥歯(第2大臼歯/7番)の歯茎に、膿の袋である「フィステル」ができていました。
レントゲン写真で確認すると、左下の2本(第2大臼歯、第3大臼歯/8番)の根の先が黒く写っており、根の周囲に炎症が起きる「歯根膜炎(しこんまくえん)」であることがわかりました。

診査により、1番奥の歯(第3大臼歯)には、神経が生きている反応が見られました。
そのため、以前根の中の神経の治療をした奥から2番目の歯(第2大臼歯)が、再び細菌感染を起こし膿が溜まっていると診断しました。

行ったご提案・治療内容 奥歯を抜かずに保存するためには、もう1度根の中の治療である「根管治療」を行う必要があることをご説明しました。
また、根管治療後に詰める材料は、殺菌効果が非常に高い「MTAセメント」を使用することで、再発リスクが下げられることをお伝えし、ご了承いただきました。

根管治療終了後は、土台の形を整えて型取りをし、患者様のご希望通り、白くて強度がある素材「ジルコニア」の被せ物を作製し装着しました。

治療期間 約1ヶ月
費用 根管治療費132,000円
ジルコニアの被せ物132,000円
術後の経過・現在の様子 溜まっていた膿がなくなり、歯を抜かずに保存することが出来ました。

患者様にも「自分の歯が残せて嬉しい。新しい被せ物もぴったりフィットしている」と大変ご満足いただきました。

治療から6ヶ月経った現在も、再発することなく、良好な状態を維持しています。

治療のリスク ・まれに根管治療後も再治療、外科手術、抜歯などの処置が必要となる場合があります
・治療中まれに器具の破折、被せ物や詰め物など修復物の損傷、歯の破折が起こる場合があります
・治療中や治療後に不快症状が出たり、治療後に痛みや腫れなどが生じたりする可能性があります
・噛み合わせや歯ぎしりが強い場合、被せ物が割れる可能性があります
・一部の治療を除き、自費診療(保険適用外)です

治療前

治療中


黒い影があり、炎症がみられました。


被せ物を装着するための歯の高さが足りなかったため、歯茎と歯を支えている骨を削る「クラウンレングスニング」を行い、土台の形を整えました。

治療後


根管と根管がくっつきC型にカーブしている「樋状根(といじょうこん)」のため難しい症例でしたが、治療を終え3ヶ月経過後も良好な状態です。

 
【24時間受付】
WEB予約
【電話予約】
03-5261-1515

PAGE TOP