お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-5261-1515

24時間お問合せ

メールお問合せ

50代女性「抜歯と言われた歯を治したい」歯茎の腫れの原因となった根っこの穴を「MTAセメント」で封鎖し、白くて自然な見た目の被せ物「ジルコニアクラウン」で治療した症例|市ヶ谷の歯医者|海谷歯科医院

海谷歯科医院へのご予約・お問合せは03-5261-1515まで
海谷歯科医院
お問合せ
お問合せフォーム
24h_reserve_bnr
院長ブログ
ドクターズファイル
求人情報
5-D japan
5-D japan
5-D japan
ココシカバナー

当院の患者様は治療後も予防や健康的な歯を維持するためメインテナンスに通われています。
当院の予防歯科についてご覧くださいませ。

当院の予防歯科について

50代女性「抜歯と言われた歯を治したい」歯茎の腫れの原因となった根っこの穴を「MTAセメント」で封鎖し、白くて自然な見た目の被せ物「ジルコニアクラウン」で治療した症例

患者 50代女性
主訴 「抜歯と言われた歯を治したい」とご相談いただきました。
診断 拝見したところ、右下の奥歯(第1大臼歯/6番)の歯茎は、膿が溜まって腫れる「フィステル」が見られました。
レントゲン写真を確認すると、右下奥歯の根の周りに黒く透けている「透過像」があり、炎症を起こしている状態が確認されました。
またフィステルがある歯の根っこの分かれ目「分岐部」付近には違和感もあったため、根が折れている「歯根破折」の可能性がありました。

破折の確認をするために、被せ物を外し精査したところ、神経の部屋の床の部分「髄床底」付近に穴が開いている「パーフォレーション(穿孔)」が見られました。
このパーフォレーション部分から細菌感染を起こし、歯茎の腫れや違和感を生じていると診断しました。

患者様は「長年歯茎が腫れていて、何件か診察に行ったが抜歯と診断された」とおっしゃっていました。

行ったご提案・治療内容 パーフォレーション部分を、歯に含まれるカルシウム系の成分と同じものでできている歯科用セメント「MTAセメント」で閉鎖することで、フィステルが消失する可能性があることをご説明し、治療への同意をいただきました。

細菌の発生や繁殖が起こらないよう、細心の注意を払いパーフォレーション部分をMTAセメントで緊密に封鎖しました。

封鎖後2週間でフィステルが出現したため、分岐部に溜まった膿を掻き出す「分岐部掻爬(ぶんきぶそうは)」を行いました。
その後フィステルはなくなりましたが、歯茎の退縮が見られたため、歯の周りの組織の再生を促進する材料「サイトランス」と「フィブロガイド」を使って、歯茎の回復を行いました。

1ヶ月後、歯茎の回復が確認できたため、白くて自然な見た目の被せ物「ジルコニアクラウン」を装着しました。

治療期間 約3ヶ月
費用 根管治療 50,000円
ジルコニアクラウン 120,000円
術後の経過・現在の様子 術後6ヶ月が経ちましたが、痛みや腫れはなく経過は順調です。
患者様には「長年の腫れがなくなり、今は問題なく過ごせている。歯を残すことができて良かった」と大変喜んでいただけました。
現在は、定期的にメンテナンスにてご来院されています。
治療のリスク 被せ物が割れることがあります。

治療前


根の先「根尖部」には、透過像はないように思われました。

治療中


炎症像が見られました。


被せ物除去後、出血を認めました。
止血後に消毒を行い、MTAによる封鎖を行いました。


被せ物除去後、出血を認めました。
止血後に消毒を行い、MTAによる封鎖を行いました。


被せ物除去後、出血を認めました。
止血後に消毒を行い、MTAによる封鎖を行いました。


封鎖後2週間でフィステルが出現したため分岐部掻爬を行いました。
術後フィステルは消失しましたが、歯茎の退縮が起こりました。


封鎖後2週間でフィステルが出現したため分岐部掻爬を行いました。
術後フィステルは消失しましたが、歯茎の退縮が起こりました。


歯肉を回復させるため、分岐部にサイトランストとフィブロガイドを使用し、歯肉の縫合を行いました。


歯肉を回復させるため、分岐部にサイトランストとフィブロガイドを使用し、歯肉の縫合を行いました。


術後1ヶ月、歯茎が回復しているのが確認できました。


術後1ヶ月、歯茎が回復しているのが確認できました。

治療後


適合の良いジルコニアクラウンを装着しました。

 
【24時間受付】
WEB予約
【電話予約】
03-5261-1515

PAGE TOP