お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-5261-1515

24時間お問合せ

メールお問合せ

50代男性「数年前に治療した歯がズキズキ痛む」歯の内側から広がった虫歯と根っこの炎症を、殺菌作用が高く神経の穴をぴったり埋めるセメント「MTA」を使用して治癒させた症例|市ヶ谷の歯医者|海谷歯科医院

海谷歯科医院へのご予約・お問合せは03-5261-1515まで
海谷歯科医院

50代男性「数年前に治療した歯がズキズキ痛む」歯の内側から広がった虫歯と根っこの炎症を、殺菌作用が高く神経の穴をぴったり埋めるセメント「MTA」を使用して治癒させた症例

患者 50代男性
主訴 「数年前に治療した歯が最近噛むと痛い。たまにズキズキする」とご相談いただきました。
診断 レントゲンを撮影したところ、左下の奥歯(第2大臼歯/7番)の神経が虫歯の細菌感染によって死んでしまっており、炎症が歯の根っこの周囲にまで及んで噛んだ時に痛みが出る「歯根膜炎」を起こしていました。

また、歯の内側から虫歯が広がり、歯の厚みが薄くなっていました。
まずはきちんとした神経の治療を行うことが必要でした。

行ったご提案・治療内容 死んでしまった神経を取り除く「根管治療」を行ってから、殺菌作用が高く神経の穴をぴったり埋めることができるセメント「MTA」を詰めて歯根膜炎の治癒を図る方法をご提案しました。

MTAセメントを用いた神経の治療は自費になりますが、今回のケースは保険適応の材料では治癒が難しいことを患者様に丁寧にご説明したところ、自費での治療をご希望されました。

神経の治療が終了した後は、強度があり虫歯が再発しにくい「ゴールド」の被せ物を作製し、装着しました。

治療期間 約1ヶ月
費用 根管治療費 110,000円
被せ物 110,000円
術後の経過・現在の様子 術後3ヶ月に経過を拝見したところ、痛みや炎症などもなく良好な状態でした。
患者様からも「痛みが無くなって、治療した歯で問題なく噛めている」とお喜びの声をいただきました。
治療のリスク 歯が薄くなっているため、強い力がかかると割れることがあります。

治療前


レントゲン像より、内側に感染が起こり虫歯が広がっているのが確認できます。

治療中


歯の後ろ側にも虫歯が広がっています。

治療後

 

当院の患者様は治療後も予防や健康的な歯を維持するためメインテナンスに通われています。
当院の予防歯科についてご覧くださいませ。

当院の予防歯科について  
【24時間受付】
WEB予約
【電話予約】
03-5261-1515

PAGE TOP