お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-5261-1515

24時間お問合せ

メールお問合せ

60代男性「ブリッジがぐらぐらして噛めない」虫歯を抜歯し、骨を増やしてからインプラントを埋め込んで新たにブリッジを作り直した症例|市ヶ谷の歯医者|海谷歯科医院

海谷歯科医院へのご予約・お問合せは03-5261-1515まで
海谷歯科医院

60代男性「ブリッジがぐらぐらして噛めない」虫歯を抜歯し、骨を増やしてからインプラントを埋め込んで新たにブリッジを作り直した症例

患者 60代男性
主訴 「ブリッジがぐらぐらして噛めないのでなんとかしたい」とご相談いただきました。
診断 拝見したところ、ブリッジを支えていた土台の右上奥歯(第2小臼歯/5番)に虫歯が再発していました。虫歯を長期間放置したことや噛み合わせによって歯が欠けたり折れたりしたのが原因で、ブリッジを支えられなくなり、ぐらぐら動いてしまっていました。
虫歯は深く、歯を保存するのは難しい状態だったため、抜く必要があることをご説明しました。

また、虫歯の手前の歯(第1小臼歯/4番)には人工の歯である「インプラント」が埋入されており、奥側の歯(第1大臼歯/6番)はありませんでした。

行ったご提案・治療内容 まずは虫歯になっていた右上奥歯を抜き、歯がなかった奥側にインプラント治療を行った後、もともとあったインプラントと合わせて土台にして人工の歯を橋渡しする「ブリッジ」での修復をご提案し、ご了承いただきました。

新たにインプラントを入れる奥側の歯は、隣の虫歯の細菌感染により骨が溶けてしまっていて、インプラント埋入に必要な骨量がありませんでした。そのため、インプラントを埋入する前に、歯の根を支える骨である「歯槽骨」­を増やすため、人工骨や他の部分から骨を移植して骨量を増やす外科処置「サイナスリフト」を行いました。

十分な骨量を確認した後、予定通り奥側の歯にインプラントを埋め込み、ブリッジを作製しました。

治療期間 8ヶ月
費用 800,000円
術後の経過・現在の様子 治療後8ヶ月経過した現在、インプラントやブリッジは脱落することなく、安定して噛めています。
治療のリスク 被せ物は欠けることがあります。

治療前


保存不可能な歯(第2小臼歯/5番)の部位には、インプラントを入れる骨量がないのが確認できます

治療中


サイナスリフトを行い、インプラントを埋入


ブリッジの型取り

治療後

 

当院の患者様は治療後も予防や健康的な歯を維持するためメインテナンスに通われています。
当院の予防歯科についてご覧くださいませ。

当院の予防歯科について  
【24時間受付】
WEB予約
【電話予約】
03-5261-1515

PAGE TOP