お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-5261-1515

24時間お問合せ

メールお問合せ

【30代女性】「根管治療をしているがなかなか痛みが引かない」水酸化カルシウムとMTAセメントで治療したケース|市ヶ谷の歯医者|海谷歯科医院

海谷歯科医院へのご予約・お問合せは03-5261-1515まで
海谷歯科医院

【30代女性】「根管治療をしているがなかなか痛みが引かない」水酸化カルシウムとMTAセメントで治療したケース

患者 30代 女性
主訴 約半年歯科医院に通っていたが根管治療を始めてからずっと痛い。
違う医院に行って当院を紹介された。
診断 根管内をいじり過ぎたことによる歯根膜炎
治療内容 すでに根の先をいじり過ぎたため根管の先端が破壊されている。通常の根管充填材では治療は不可能であることを説明させていただいた。
まず※水酸化カルシウムを根管内に充填。痛みが取れてきたことを確認後、MTAセメントを転入する。
MTAセメントは膨張する性質を持つ。
治療期間 3週間
費用 100,000円(税抜き)
治療後の経過 現在予後は良好
治療のリスク 根管治療を長期間することは歯を痛めることに繋がります。長くても2ヶ月以内と考えます。

※【水酸化カルシウム】=神経を保護する部分である「象牙質」を再生させる効果があります

PAGE TOP