お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-5261-1515

24時間お問合せ

メールお問合せ

【50代女性】歯肉が腫れる状況を改善し骨、歯肉を再生させたケース|市ヶ谷の歯医者|海谷歯科医院

海谷歯科医院へのご予約・お問合せは03-5261-1515まで
海谷歯科医院

【50代女性】歯肉が腫れる状況を改善し骨、歯肉を再生させたケース

50代女性 歯肉が腫れる状況を改善し骨、歯肉を再生させたケース

患者 50代 女性
主訴 歯茎が腫れる。磨いてもなかなか治らない。
診断 レントゲンと視診、ポケット測定により根分岐部病変2度と診断。ポケットは10mm。排膿があり、かなりの骨欠損が見られた。
治療内容 患者は他医院において抜歯後のインプラントや、抜歯後のブリッジを長年提案されていたが迷っていた。
当院においては患者には「ブリッジを外し抜歯後インプラント埋入」と「歯茎を開けて再生療法を行う」という2つの治療方法を提案。理由としては、長いスパンのブリッジは予後不良になる可能性が非常に高いく、これは勧めないことを伝えた。またインプラントは予後は良いが抜歯が必要なこと、一方、再生療法は今の状態のままいられるが非常にテクニックセンシティブであり、患者の協力がかなり必要なことを説明した。
説明後、患者は再生療法を選んだ。
治療期間 まず徹底したプラークコントロールを行い、歯肉の腫張を無くした。(約1ヶ月)
その後再生療法を行った。
費用 100000円(再生材料込み)
治療のリスク 予後は8ヶ月で良好であるが口腔内清掃を怠ると再び再発する可能性がある。

PAGE TOP