お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-5261-1515

24時間お問合せ

メールお問合せ

40代女性 エナメル質が噛み合わせにより減り知覚過敏を起こした歯をジルコニアで修復した症例|市ヶ谷の歯医者|海谷歯科医院

海谷歯科医院へのご予約・お問合せは03-5261-1515まで
海谷歯科医院

40代女性 エナメル質が噛み合わせにより減り知覚過敏を起こした歯をジルコニアで修復した症例

患者 40代 女性
主訴 噛むとしみる。
診断 視診により歯の亀裂線を指摘
噛み合わせが強く、咬合も悪いためこのようになったことを説明。
治療内容 治療としてはまず亀裂線がどこまでいっているのかを確認。
今回の場合は歯髄を残せる位置であったため、噛む面を補綴物で覆うことにより咬合圧を全体で受け止めた。
またカバーすることで、これ以上破折が広がらないよう考慮し補綴物を作成した。

デメリットとしては歯質の削除量が少し多くなることである。
そのため仮歯で一定期間経過を観察し、最終補綴を装着した。

費用 約100000円
治療後の経過 咬合の改善を患者は望まなかったため、予後のためマウスピースの装着を義務づけた。
治療のリスク マウスピースの装着を怠った場合、歯が破折する恐れがある。

治療前

治療前

治療前

治療中

治療中

治療後

治療後

治療後

PAGE TOP