お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-5261-1515

24時間お問合せ

メールお問合せ

40代女性「歯ぐきが腫れてきた」歯の根が折れて抜歯を余儀なくされた部位を、人工歯根を利用した「インプラント治療」で補い、自分の歯のようにしっかり噛めるようにした症例|市ヶ谷の歯医者|海谷歯科医院

海谷歯科医院へのご予約・お問合せは03-5261-1515まで
海谷歯科医院

当院の患者様は治療後も予防や健康的な歯を維持するためメインテナンスに通われています。
当院の予防歯科についてご覧くださいませ。

当院の予防歯科について

40代女性「歯ぐきが腫れてきた」歯の根が折れて抜歯を余儀なくされた部位を、人工歯根を利用した「インプラント治療」で補い、自分の歯のようにしっかり噛めるようにした症例

患者 40代女性
主訴 以前から当院にご通院いただいている患者様から、定期検診時に「歯ぐきが腫れてきた」とご相談いただきました。
診断 拝見したところ、15年以上前に被せ物治療を行った右上の奥歯(第2小臼歯/5番)の歯ぐきに炎症が認められました。
レントゲン撮影や、歯ぐきの検査「プロービング」による診査の結果、歯の根が割れている「歯根破折(しこんはせつ)」が疑われました。

被せ物を外して中を確認したところ、予想した通り歯根破折が生じており、治療して歯を残すことは不可能であると診断しました。

行ったご提案・治療内容 当該歯を温存するのは難しいことをお伝えし、抜歯してから歯を補う治療をご提案しました。

抜歯した部位を回復する方法には、取り外し式の「入れ歯」、両隣りの歯を削って橋渡しのように歯を補う「ブリッジ」、そして人工歯根をあごの骨に埋めて歯を装着する「インプラント治療」の3つの選択肢があります。
それぞれのメリットやデメリットをご説明したところ、周りの歯に負担がかからず、自分の歯のように噛めるインプラント治療をご選択いただきました。

患者様は「インプラント治療に伴う外科処置をなるべく少なくしたい」とご希望されたため、抜歯と同時にインプラントを埋入する「抜歯即時インプラント治療」を行いました。
インプラントを埋入する際は、唇側の歯ぐきの厚みを確保するため、患者様の口腔内から歯ぐきの一部「結合組織(けつごうそしき)」を採取して手術部位に移植しました。

4ヶ月後、インプラントがあごの骨にしっかり定着したことを確認してから、インプラントの頭を歯ぐきの上に出す「二次手術」を行いました。
その後、型取りを行って人工歯を作製し、インプラントの上に装着しました。

治療期間 約4ヶ月
費用 495,000円
術後の経過・現在の様子 周りの歯に馴染んだ仕上がりになり、噛み合わせも回復しました。
術後3ヶ月の経過観察時にも良好な状態を維持しており、患者様にも「まるで自分の歯のように食事ができる」と大変ご満足いただきました。

インプラント部位を長くご使用いただけるよう、今後も定期的なメンテナンスでご通院いただく予定です。

治療のリスク ・外科手術のため、術後に痛みや腫れ、違和感を伴います
・メンテナンスを怠ったり、喫煙したりすると、お口の中に大きな悪影響を及ぼし、インプラント周囲炎等にかかる可能性があります
・糖尿病、肝硬変、心臓病などの持病をお持ちの場合、インプラント治療ができない可能性があります
・高血圧、貧血・不整脈などの持病をお持ちの場合、インプラント治療後に治癒不全を招く可能性があります
・あまりに強い力がかかると被せ物が割れる場合があります

治療前


被せ物を除去したところ、歯根破折を認めました。

治療中


抜歯即時埋入の様子です。


採取した結合組織です。


インプラント埋入部位を採取した結合組織で覆いました。


術後1ヶ月の様子です。


術後4ヶ月で二次手術を行いました。

治療後


歯の形も回復し、しっかりと噛めています。

 
【24時間受付】
WEB予約
【電話予約】
03-5261-1515

PAGE TOP