お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-5261-1515

24時間お問合せ

メールお問合せ

50代男性「差し歯が繰り返し取れる」矯正用のゴムの力を使って埋もれた歯を引っ張りだして露出させ、被せ物をしっかり装着できた症例|市ヶ谷の歯医者|海谷歯科医院

海谷歯科医院へのご予約・お問合せは03-5261-1515まで
海谷歯科医院

当院の患者様は治療後も予防や健康的な歯を維持するためメインテナンスに通われています。
当院の予防歯科についてご覧くださいませ。

当院の予防歯科について

50代男性「差し歯が繰り返し取れる」矯正用のゴムの力を使って埋もれた歯を引っ張りだして露出させ、被せ物をしっかり装着できた症例

患者 50代男性
主訴 「差し歯が取れた」とご来院されました。
患者様は「この差し歯は、繰り返し外れてはつけ直してもらっていた」とおっしゃっていました。
診断 拝見したところ、右上前歯(側切歯/2番)の差し歯が外れて、歯根が見えていました。
被せ物は、歯茎の上「歯肉縁上」に出ている歯質「フェルール」を抱え込むことで、差し歯が外れたり歯根が折れたりする力に抵抗することができます。
右上前歯はフェルールが足りない状態であり、差し歯の維持が困難で、脱離を繰り返していると診断しました。
行ったご提案・治療内容 このまま外れた差し歯を付けなおしても、再度外れてしまう可能性が高いため、フェルールをしっかり確保する必要がありました。
フェルールを確保するために、歯根を矯正的に引っ張りだす「エクストルージョン(歯根挺出術)」をご提案しました。

まず、右上前歯にフックを装着し、両隣の歯の裏側にワイヤーを固定し、矯正用のゴムをかけ引っ張り上げる力を加えました。
何度かゴムの交換を行い、約3mmほどのフェルールが確認できた後、金属の土台「メタルコア」を歯根に装着しました。
その後、白くて強度のある被せ物「セラミッククラウン」を装着しました。

治療期間 約4ヶ月
費用 約182,000円
術後の経過・現在の様子 治療後6ヶ月が経ちましたが、脱離はありません。
噛み合わせの違和感や痛みもなく、順調に経過しています。
患者様には「差し歯が取れないようにしっかり考えて治療してくれて、感謝している」と大変満足いただけました。
現在は、定期検診にて経過の確認をしています。
治療のリスク ・被せ物が割れる可能性があります。
・硬い素材の場合、他の天然歯を傷つけることがあります。
・噛み合わせや歯ぎしりが強い場合、被せ物が割れる可能性があります。
・一部の治療を除き、自費診療(保険適用外治療)です。

治療前

治療中


エクストルージョン(歯根挺出術)で約3mmほどフェルールが確認できました。


適切なフェルールが確保されました。

治療後


歯の形態も回復しました。


原状回復されました。

 
【24時間受付】
WEB予約
【電話予約】
03-5261-1515

PAGE TOP