お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-5261-1515

24時間お問合せ

メールお問合せ

50代女性「歯ぐきの腫れが治らない」虫歯が神経に及んで炎症が引かない歯を、殺菌作用が高いセメント「MTA」を使用して治療した症例|市ヶ谷の歯医者|海谷歯科医院

海谷歯科医院へのご予約・お問合せは03-5261-1515まで
海谷歯科医院

50代女性「歯ぐきの腫れが治らない」虫歯が神経に及んで炎症が引かない歯を、殺菌作用が高いセメント「MTA」を使用して治療した症例

患者 50代女性
主訴 「数年前に虫歯の治療をした歯の歯ぐきが腫れてきて、なかなか治らないので心配」とご来院いただきました。
診断 拝見したところ、詰め物をしている左下の奥歯(第2大臼歯/7番)の根元の歯ぐきが腫れていました。

レントゲンを撮影して詳しく見てみると、中が再び虫歯になって歯の神経が死んでおり、炎症が根っこの周囲にまで及ぶ「歯根膜炎」になっていました。

炎症を治めるため、まずはきちんとした神経の治療を行うことが必要でした。

行ったご提案・治療内容 死んでしまった神経をきれいに取り除く「根管治療」を行ってから、殺菌作用が高く神経の穴をぴったり埋めることができるセメント「MTA」を神経の穴に詰めて歯根膜炎を治す方法をご提案しました。

MTAセメントを用いた神経の治療は自費になりますが、保険適応の材料では治癒が難しいことを患者様に丁寧にご説明したところ、自費での治療をご希望されました。

神経の治療が終了した後は、金属の素材で詰め物を作製し、歯の形を修復しました。

治療期間 約1ヶ月
費用 根管治療費 110,000円
詰め物 30,000円
術後の経過・現在の様子 根っこの周囲の炎症が治まり、歯ぐきの腫れも改善しました。
処置を行ってから半年が経過し、再発や痛みなども無く、良好な状態を維持しています。
現在は定期的な検診でご通院いただいています。
治療のリスク 神経が失われた歯は強度が低下しているため、強い力がかかると割れる可能性があります。

治療前


レントゲン像より感染と治療不備が見受けられます

治療中


MTAによる根管充填

治療後


腫れは完全に引いています


原状回復した詰め物を装着しました

 

当院の患者様は治療後も予防や健康的な歯を維持するためメインテナンスに通われています。
当院の予防歯科についてご覧くださいませ。

当院の予防歯科について  
【24時間受付】
WEB予約
【電話予約】
03-5261-1515

PAGE TOP