お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-5261-1515

24時間お問合せ

メールお問合せ

60代女性「抜歯した部分にインプラントを入れたい」サイナスリフトと骨誘導再生法(GBR)を用いてインプラントブリッジで審美修復したケース|市ヶ谷の歯医者|海谷歯科医院

海谷歯科医院へのご予約・お問合せは03-5261-1515まで
海谷歯科医院

60代女性「抜歯した部分にインプラントを入れたい」サイナスリフトと骨誘導再生法(GBR)を用いてインプラントブリッジで審美修復したケース

患者 60代女性
主訴 「抜歯した部分にインプラントを入れたい」とご相談いただきました。
診断 他院からの紹介によりご来院いただいた患者様です。
患者様は入れ歯での治療ではなく、インプラント治療をご希望でした。

診察したところ、抜歯した部分のインプラント自体は可能と診断しました。
すでに反対側には他院で入れたインプラントが配置されていました。

しかし、インプラントを埋め込むのに十分な骨の高さが上顎になかったため、コツの治癒を待ってから、サイナスリフト(小鼻の脇にある上顎洞の底部に骨補填材を埋入して骨再生を行う方法)とGBR(骨誘導再生法:歯槽骨を再生する方法)等の術式を用いて治療する必要があることをご説明しました。

行ったご提案・治療内容 サイナスリフト、GBR、インプラント治療を行いました。
治療期間 約1年1ヶ月
費用 2,000,000円
術後の経過・現在の様子 予後6ヶ月経過した現在も、問題は特になく、良好に推移しています。
治療のリスク 被せ物が欠けることがあります。

治療前

治療後

歯の形態も機能も回復しています

治療前

左側の臼歯部の状態

治療中

埋入後8ヶ月 二次オペ

治療後

 適正な位置にインプラントが配置されています

術後デンタル像 適正な位置にインプラントが配置されています

 

当院の患者様は治療後も予防や健康的な歯を維持するためメインテナンスに通われています。
当院の予防歯科についてご覧くださいませ。

当院の予防歯科について  

PAGE TOP