お問い合わせ・ご予約

初診予約専用ダイヤル

050-7302-5646

再診予約、その他お問い合わせ

03-5261-1515

24時間お問合せ

メールお問合せ

虫歯治療|市ヶ谷の歯医者、海谷歯科医院 ー般歯科 インプラント 口腔外科 歯周病 PMTC他

海谷歯科医院へのご予約・お問合せは03-5261-1515まで
海谷歯科医院

虫歯治療

虫歯のメカニズム

虫歯は歯の表面に粘着したプラーク(バイオフィルム)が飲食をするたびに栄養を取り込んで、酸を放出します。

プラーク(バイオフィルム)から放出された酸が「エナメル質」の中に浸透して歯を溶かし(脱灰)、硬い歯がまるで豆腐のように柔らかくなります。
この歯が柔らかくなった部分を一般的に「虫歯」と呼ぶのです。そこに虫歯菌が侵入して、さらに内部への穴の連鎖が続いていきます。

これが、虫歯ができて、深く進行していくメカニズムです。

次のような4つの条件がそろった場合にむし歯になると考えられています。

  1. 虫歯になりやすい歯の質、歯並び、噛み合わせになってしまっている。
  2. 虫歯菌が旺盛な活動をしている。
  3. 歯につきやすい甘いもの(糖質)を多く摂取する食習慣がある。
  4. プラーク(歯垢)が歯に付着したままになっている時間が多い。

虫歯をほうっておくと

虫歯は進行すればするほど、歯を失う可能性も高くなり、また、治療費の負担も大きくなります。
しかし、早期に発見すれば治療の期間も短くなり、治療費の負担も軽減されるのです。
虫歯をほうっておくとどうなるか?
ここでは虫歯の進行度を学んで重度な虫歯にならないように対策をねりましょう。

C1の場合(初期の虫歯)

虫歯ができ始めの状態。患部を削って詰め物をする程度で済みます。

C2の場合(軽度の虫歯)

虫歯が進んで小さな穴が開いた状態。
患部を削って詰め物をする程度で済みます。

C3の場合(中度の虫歯)

虫歯がさらに進行し、大きな穴が開いた状態。
歯の根の治療をした後、かぶせ物や詰め物をします。

C4の場合(重度の虫歯)

歯冠が崩壊し、根っこだけが残っている状態。
虫歯が根の中まで進行し、抜かざるを得ない場合もあります。

虫歯の治療と予防

虫歯はどこの歯科医院で治療しても同じではありません。
抗菌剤(3Mix)や消毒剤を虫歯に応用して肉眼では見えないすべての虫歯菌を死滅させ歯面を特殊な被膜でコーティングすることにより歯髄(神経)を出来る限り保護する方法(Minimal Intervertion Dentistry)をとります。

神経をとれば失活歯(死んだ歯)になり寿命が著しく低下するためにこのような方法をとります。

ミニマルインターベンションとは?

虫歯治療の際に歯を削ると、虫歯の除去が目的とはいえ歯にとってはダメージとなります。
治療が目的でありながら、その箇所が大きければ大きいほど歯の寿命を縮めてしまうのです。
「ミニマルインターベンション(M I)」とは、それを防ぐための治療で侵襲を最小限に抑える考え方です。
ミニマルインターベンションによる虫歯治療は、以下の原則に則って行われます。

  1. 初期の虫歯を再石灰化させる
  2. 口腔内の虫歯菌を減少させ、虫歯の進行を防ぐ
  3. 必要最小限の虫歯除去を行う
  4. 再修復よりも補修充填を心がける
  5. メインテナンスを徹底し、虫歯再発を予防する

ミニマルインターベンションを心がける場合、従来のように虫歯をすぐに削ることはありません。
再石灰化が可能かどうかを最初に見極め、可能であればその方向で治療を進めます。
また歯を削る必要があったとしても、できる限り侵襲を最小限に留める充填方法や材料を選択し、治療後にはメインテナンスを徹底して虫歯の再発を防ぐのです。

虫歯の治療法

1.抗菌剤(3Mix)を使って虫歯を溶かす(主に小さな虫歯)

虫歯に侵された部分を最小限削ったあとに、安全な3種類の抗菌剤を混ぜて作った薬をぬります。
こうすることで、周りの虫歯に侵された疑いのある部分や神経のばい菌を殺し、歯や神経を守ります。

2.樹脂などで詰める (主に小さな虫歯)

小さな虫歯は、削り取った後、すぐに樹脂などで穴を塞げば治療が終わります。
歯を元の形に整えて、光などを当てて樹脂を固めます。
治療が1回で済むので、通院の負担もかかりません。

3.型を取って、嵌め込む (主に中程度の虫歯)

中程度の虫歯は少し深く削るので、樹脂で塞ぐだけでは済みません。
一度歯の型を取って、虫歯を削った部分にピッタリと収まる物を作ります。
材質は金属や樹脂などです。
型はすぐにはできないので、治療には最低2回程度かかります。

4.歯に金属などを被せる (大きな虫歯・深い虫歯)

大きな虫歯や深い虫歯の場合、歯と歯がぶつかり合う際の力に耐えるようにするため、虫歯の箇所以外に歯の周囲も削って被せることになります。
2と同じく一度型を取りますが、歯に丸ごとかぶせる、被せ物を作ることになります。
治療には数回通う必要があります。

虫歯を予防するためには

  • 食事や間食は規則正しくとって、砂糖を控えます。
  • 硬い食品をよく噛んで食べれば、唾液の自浄作用が期待できます。
  • 歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロスなどを適材適所に使って、正しい歯磨きをします。
  • フッ素化合物を歯科医院で歯面に塗布してもらいます。
  • フッ素、デキストラナーゼ、クロルヘキシジンなどの薬剤の入った歯磨剤を使います。
  • むし歯になりやすい部分をあらかじめ予防充填しておきます。

お気軽にお電話ください

初診予約はこちら050-7302-5646

再診予約・その他お問合せ03-5261-1515

診療時間
10:00~13:00
14:30~21:00
   

お問合せフォーム

PAGE TOP